> ママだってカルシウム不足!!お子様と一緒に「カルシウム」を摂ろう!

ママだってカルシウム不足!!お子様と一緒に「カルシウム」を摂ろう!

お子様と一緒に「カルシウム」を摂ろう!ママだってカルシウム不足!!

管理栄養士による、ママのためのカルシウム講座!

!子供だけじゃない!カルシウムは、ママも足りていないのをご存知ですか?

カルシウム摂取推奨量と実際の摂取量
平成24年度国民健康・栄養調査報告および日本人の食摂取基準(2010年度版)より独自作成。
※数値は、男女の平均値で表しています

子どもたちの健やかな成長にとって欠かせない存在のカルシウムですが、日本の子どもたちの多くは、カルシウムが大幅に不足しています。しかし、「カルシウム」が足りていないのは、子どもたちだけではないのです!
厚生労働省によると、20歳〜69歳までの成人のカルシウム摂取量は、推奨するカルシウム摂取量に対し、平均で210mg足りていないことがわかっています。

カルシウムは年齢と共に減っています!

さらに、骨の密度を示す「骨量」は、20代前半で最大値を迎え、その後は年齢と共に下降していってしまいます。

女性は、骨量の減りが激しい!
とくに女性は、妊娠や出産、授乳によってカルシウムが大量に使われるために、男性に比べて骨量の減りが激しいのが特徴です。 残念ながら、最大値を迎えたあとに 「骨量」を高めることは難しいといえます。

年齢と骨量の変化
出典:清野佳紀ほか:薬の知識Vol143.NO.10.6.1992より

だから、ママもカルシウムで健康を維持しましょう!

これから「骨量を高める」ことは難しいですが、「現在の骨量をキープ」していくことは、可能です。 健康のために今からできることは、毎日継続してカルシウムをしっかり摂取し、骨量を維持することです。 カルシウムは、なかなか十分な量を確保するのは難しいとともに、十分に摂ろうとすると高カロリーな食事になる傾向があるので、ぜひ、「カルシウムグミ」をお子様と一緒に楽しんで、健康維持にお役立てください。

磯村 優貴恵 プロフィール
2011~2016年モンドセレクション最高金賞受賞、品質管理チーム・リーダー。
ダイエット専門のサロンにて個別栄養指導、3年間の日本料理・カフェレストランでの調理経験後、特定保健指導にて栄養指導、横浜ユナイテッドFCへ栄養情報提供やレシピ監修などを行う。
現在は大人から子供まで、その人に合った食事のアドバイスやお洒落でおいしいレシピを通して食事の大切さを紙面やWEBにて発信中。

資格:管理栄養士免許、フードコーディネーター、乗馬技能検定

期間限定・お試しはこちら
お買い得セット
2箱セット
中高生向けカルシウムグミB1