カルシウムグミの開発に至ったきっかけ

食べることを楽しんでほしい。その思いからカルシウムグミは誕生しました。

カルシウムグミ開発理念

子どもたちのスクスクとした成長には、バランスの良い栄養が欠かせません。しかしながら、特にカルシウムはほとんどの子どもたちが日常の食事の中では充分に補いきれていないのが現状です。※1
そこで私たちは、子どもたちが不足しがちな栄養素を充分に補ってもらうために、普段の食事では補いきれない不足分のカルシウムを含有した栄養機能食品を開発することを目標としました。さらにカルシウムだけでなく、カルシウムの吸収を助けるビタミンDも基準を満たすよう試行錯誤しました。

また、『身体に良い』とは、『安全である』ことでもあります。そのため成長に必要な成分であるマグネシウムと亜鉛については、 お子様向けの商品なのでなるべく配合量を抑えるなど、バランスに配慮しながら開発しました。

噛むことの重要性を考え、グミタイプに

グミでの開発と決める前から、『噛むことのできるタイプのお菓子にしよう』と思っていました。
それは、『噛む』という行為そのものが顎や体だけでなく、頭も心も鍛えることができると考えているためです。いろいろなお菓子を検討しましたが、「今日はおやつを食べたぞ!」と満足してもらえる味、そして必要な栄養素をぎゅっと凝縮できることからグミという形状にたどり着きました。噛む楽しさというのは、食べる楽しさの原点ではないかと思います。

味と食感との相性が良いカルシウム探しに苦悩の日々

グミという形状に決定した後、最初に大変だったのは、「グミに配合できるカルシウムの選定」です。一口にカルシウムといっても様々な素材があり、グミの味や食感との相性がポイントになります。
またカルシウムにはエグ味に似た味があることも大きな課題でした。

どんなに栄養がたっぷりでも、美味しくなければ子どもは喜んで食べる事ができない。私たちは、とにかく子どもたちに楽しく栄養を摂ってほしい、との想いがあったために、乗り越えなければいけない大きな壁となりました。

そしてようやくグミの味と食感との相性の良い、現在のカルシウムにたどり着きました。

お子様が食べやすいサイズで、栄養を凝縮する大変さ

しかし、もう一つ大きな課題が見つかりました。それは、お子様に合わせた小粒タイプで開発する必要があったためです。この小粒サイズのグミに、不足分のカルシウムを配合すること(しかもグミ本来の味と食感を保ったまま)が、もっとも苦労したことだといえます。試行錯誤を経て、現在の糖衣タイプのグミの形となりましたが、今後もよりおいしく、より体によいカルシウムグミを目指して改良を続けたいと考えています。

食事とは、文化です。栄養や健康を気にするあまり、本来の「食べる楽しさ」からかけ離れたものであってはいけないと思っています。
カルシウムグミは、成長に必要な栄養成分を「美味しさ」と一緒にご提供します。そして同時に、カルシウムグミを通じて普段の食事の大切さ、食べる楽しさについて、お子様にも考えてもらえるきっかけを提供できればとてもうれしい。そんな思いをこめています。

私たちの品質管理体制

お客様の声はこちら
期間限定・お試しはこちら
お買い得セット
2箱セット
中高生向けカルシウムグミB1