> > お客様インタビュー
お客様の声
4年間でスクスクたくましくなった元気姉妹に再会!
4年間でスクスクたくましくなった元気姉妹に再会!

4年前にインタビューさせていただいた山内さんご一家と、またお会いできました!
サッカーを頑張っていた夏実ちゃんと夕果ちゃんは、現在はINAC多摩川ジュニアに所属して 男子と共に練習に励んでいるそうです。

すくすくと成長したお二人とお母さんに、成長の秘訣を伺いました。

ご愛用中の商品
ご愛用中の商品

当初は年齢に合わせてにこにこカルシウムをご使用。
二人とも成長してカルシウムグミに変更!
お気に入りはヨーグルト味とイチゴ味♪

ご愛用中の商品 ※いつでも商品の組み合わせやコースなどのご変更が可能です!
カルシウムグミのご感想をお聞きしました
写真
夕果ちゃん(左)と夏実ちゃん(右)
―― カルシウムグミはいかがですか?

(お母さん)カルシウムグミは甘みがとても強いわけではないので、年齢が高い子でも好む味なのかなと思います。しっかり食べてくれて、毎日スクスク成長してくれています。

(夏実ちゃん)ヨーグルトは後味が良いから好きです。

(夕果ちゃん)基本的にイチゴ味が好きなので、イチゴ味のグミが美味しいです。

―― カルシウムグミを使用するタイミングは?

(お母さん)サッカーチームの栄養士さんからスポーツをした後は汗と一緒に失ってしまう栄養素が多いと聞いたので、スポーツをした後には補うようにしています。カルシウムグミはおやつ代わりにするなど、生活のなかで取り入れていました。

娘2人とも運動をしているのでプロテインの使用も考えたことがあるのですが、まだ年齢的に早いと思って、基本的には必要な栄養は食事から取り入れるようにしています。サプリメントや栄養機能食品は補助的に取り入れるようにしています。成長期なのでカルシウムとタンパク質、鉄分は気にするようにしていますね。あとは、やっぱり美味しくないと続かないので、子供たちの口に合うものを選ぶようにしています。

管理栄養士からの一言!
管理栄養士からの一言! ※国民健康栄養調査(H27)を見てみると、タンパク質は普段のお食事からしっかり摂れているお子様が多いので、不足しがちなカルシウムを意識的に摂っていただくのはとても良いことだと思いますよ!
写真
―― 普段の生活で気を付けていることはありますか?

(お母さん)ご飯を食べることを大事にしています。朝ご飯を抜くと練習や試合で100%の力を出すことができないですね。それに、二人ともとっても食べるので大変です。例えば、餃子を作るとどっちが多く食べられるかで競争したりするので、6人家族なのに100個くらい作らないと足りないことも (笑)。
夕飯までの間は、手作りのゼリーやお煎餅などを食べたり、自分でおにぎりを握っていることもありますね(笑)。スナック菓子は与えないようにしていて、食べる機会があるとしたらお友達のお家でいただいた時くらい。
基本的には前回、取材していただいた時から生活リズムは変わっていないです。スマホを欲しがっていますが、サッカーで遠くに行くこともあるので、連絡用にガラケーのみ与えています。ルールは設定せずに本人たちに任せているんですけど、携帯が手放せないということはないですね。
年齢的には1歳2か月しか変わらないので、姉妹というよりも双子のよう。2人で刺激しあっているので、どんなところに行っても負けない子に育ちました。それに、いろいろなことに挑戦していく気持ちは強いですね。

―― お二人の夢を聞かせてください

(夏実ちゃん)夢はサッカー選手。INAC神戸レオネッサの選手になることが目標です。あとは、アメリカの大学に進学することも考えています。英語が話せるようになりたいのと、海外での資格を取りたいと思っています。

(夕果ちゃん)今はとにかくサッカーを頑張りたいです。澤選手みたいになりたいです。

無料サンプル受付中!
前回のインタビューでも、「なでしこになる!」という夢を教えてくれた夏実ちゃんと夕果ちゃん。頑張っているサッカーについて、お話をお聞きしました。
山内姉妹のこれまでの実績・戦績(※一部のみご紹介しております)
写真 写真
山内夏実ちゃん
2016年
東京都女子チャレンジトレセンA選出
JFA女子GKトレーニング(育成)キャンプ選出
2017年
東京都女子トレセン選出
東京都女子U-12選抜メンバー選出
第22回 全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会登録メンバー選出
世田谷区女子大会優勝
山内夕果ちゃん
2016年
世田谷区学年別大会 3位
世田谷区女子大会 3位
2017年
世田谷ガールズ選抜メンバー選出
世田谷区女子大会優勝
写真
―― 今はどのようにサッカーを続けているのでしょうか?

(お母さん)今は学校生活も忙しくなってきたので、平日の練習を減らして週3日にしています。それ以外の時間はお父さんが練習を見ることもあります。学校が終わった後にサッカーの練習で移動しなければいけない日は、学校で宿題を終わらせてくることもある。計画性があると思います。

写真
サッカー漫画の「キャプテン翼」が好きだという夕果ちゃん
写真
夏実ちゃんはサッカー以外では読書が好きで、最近は「赤毛のアン」シリーズを読んでいるそうです。
―― サッカーを続けていて良かったなと思うことはありますか?

(お母さん)夏実が5年生の時、6年生主体の大会にスターティングメンバーとして出場しはじめ、年上でも関係なくきちんとした指示が出せることを目の当たりにした時は凄いなと思いました。夕果は、同じ学年の女の子がチームにいないため、負けず嫌いな気持ちが強い子に育ちましたね。ある時、運動会の徒競走で負けてそうとう悔しかったみたいで。「自分でちゃんと行くから!」と陸上のスクールに通って、サッカーの練習や学校生活と両立させて、その後の運動会では見事に勝つことができました。

あとは、学校生活でも自分たちで考えて発言や催し事をする機会が多いのですが、サッカーの練習できちんと準備したことを、本番でしっかりと活かすということを経験してきたからか、緊張して何もできないということはないみたい。生活の中にも結び付いていると思うと、やってきてよかったのかなと思いますね。

―― 頑張れている秘訣は?
写真

(夏実ちゃん)今は高いレベルでできているから楽しいけれど、低学年の頃は辞めたいなって思ったこともありました。でも、ずっとやっていたから、生活の中からサッカーがなくなることが想像できなかったし、周りにサッカーをやっている女子もいなかったから、「自分は特別なんだ!」って思って頑張って今に繋がっています。サッカー以外にも色々なことに挑戦できていたのも良かったのかなと思います。サッカーだけじゃなかったから、本当の意味で辞めようと思わなかったのかもしれません。

(夕果ちゃん)サッカーを始めたばかりの時に、点を決められてすごくうれしかった。あとは、友達に“上手いね”って言われたのも嬉しくて。その記憶がまだ残っていたり、うれしい体験がいっぱいあるから、これからもサッカーをもっと頑張りたいです。

―― 山内さん、夏実ちゃん、夕果ちゃん、ありがとうございました!
スクスクのっぽくんはこれからも二人の活躍を応援し続けます!
↑ 上に戻る
クリスマスキャンペーン
お客様レビュー
期間限定・お試しはこちら
お買い得セット
2箱セット
中高生向けカルシウムグミB1